くせ毛の人にお勧めしたいシャンプー【毛穴の状態もくせの原因!】

洗髪後の乾かし方

女性

ドライタオルとドライヤー

頭皮でかゆい症状を予防するには、乾燥と湿気その2つを予防する必要があります。乾燥は肌のトラブルを招いて、湿気は雑菌が繁殖してそれが炎症を起こすことでかゆい症状を発症させかねません。そのため、乾燥しすぎても、湿気がありすぎても頭皮にとっては厳禁となります。それは洗髪後の乾かす過程でも重要となっており、ドライタオルとドライヤーを片方だけでなく両方使うようにすることが大切です。というのも、ドライタオルだけでは全ての水分を拭いとることができずに湿気の原因となります。一方、ドライヤーだけでは頭皮に温風を当て続けるため乾燥しやすくさせてしまうからです。そのため、2つを上手に活用することになります。まず、洗髪後、ドライタオルで髪の毛や頭皮の水分を大部分を拭っていきます。そのとき注意するべきは、ゴシゴシと強引に拭かないことで、それをやってしまうと頭皮に物理的なダメージを与えてしまうからです。それがかゆい症状に出てくることがあります。大部分の水分を拭ったら、ドライヤーで全体的に乾かしていきますが、そのとき長時間温風を当て続けないように注意しなくてはなりません。全体的に8割ほど乾けば十分であとは自然と乾くと言われているため、完全に乾かし切る必要はありません。多くの人々は洗髪を毎日行うものだからこそ、乾かす過程も手を抜かずに行うことで頭皮のトラブルを回避・改善することができ、かゆい症状も抑えることができるでしょう。